MENU
仏教

歎異抄の一文「いわんや悪人をや」善人より悪人の方が良いと読めるが?

キミちゃん

歎異抄の有名な一文
「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」

よく誤解されるお言葉です
悪いことをすればいい、ということは常識で考えてありえません
真意はなんなのでしょうか?

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや

歎異抄第三章にある「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」という言葉は非常に有名です
社会科の教科書にも登場することがあります
本来、わたしたちが考えることの全く逆のことを言っているようにみえるからこそ、衝撃的なのだと思います

悪い事をやめ、良い事をしようと子供に教えませんか?


普通、「良い事をすれば報われる、だから良い事をして悪いことをしないようにしよう」と自分も実践しますし、子どもにも教えます
悪いことをすれば、捕まって、法律で罰せられることもある
頑張って人に良いことをすれば、喜んでもらえる
まさに、悪人にはならないようにして、善人になって、未来が幸せになるようにと、みなさん願っていますし、私もそうです

親鸞聖人は悪をすすめている?

ところが、親鸞聖人のこのお言葉はどうでしょうか?
「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」は現代の言葉になおすと
「善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ」
という意味になります


つまり、善人よりも悪人のほうが救われる(幸せになれる)というのです
良い事なんかせずに、悪いことをするほうが救われるのであれば、何もがんばる必要はありません。
悪いことをするほうがよい、ということで親鸞聖人の教えを「造悪無碍(ぞうあくむげ)」とよばれたこともあります

本当に悪い事をすすめていると思いますか?

しかし、冷静になって考えてみましょう
「悪いことをしましょう」という人を尊敬できますか?
親鸞聖人はそんな尊敬できない人でしょうか?


もし、そんな風に思っておられたら、このブログ記事を読んでいただいているあなたは、このページにはたどりついていないはずです
尊敬できる方だからこそ、今なお歴史の教科書にもお名前が載るのです

表面的な意味ではなく、真意を知ろう

ということは、この善人・悪人とはどういうことか?表面的な意味ではなく、真意を知る必要があります
詳しく説明すると、あまりにも膨大になるので、意味を知るきっかけの部分をお伝えします

教行信証にみるすべての人の姿

親鸞聖人のご著書・教行信証にこのようなお言葉があります

「一切の群生海、無始より已来、乃至今日・今時に至るまで、穢悪汚染(えあくおぜん)にして清浄の心無く、虚仮諂偽(こけてんぎ)にして真実の心無し」

すべての人は昔から今まで汚れた心しかなく、いつわりのみで真実の心はまったくない

とおっしゃっておられます

つまり、親鸞聖人、仏教の視点からみると、人間に善人と悪人の区別はないのです。すべての人が悪人であり、悪人とは人間の代名詞といえます

親鸞聖人ご自身の告白

歎異抄の第二章にこのようなお言葉があります

「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」

どんな善行もできぬ親鸞であるから、所詮、地獄の外に行き場がないのだ


聖人と呼ばれ、尊敬される親鸞聖人はご自身のことを、良い事のできる善人とは、チリほども思っておられないということです
まさに、すべての人が悪人であり、親鸞聖人もご自身を悪人だとおっしゃられているということです

善人とは一体だれ?

そうすれば、親鸞聖人の表現された「善人なおもって」の「善人」とは一体だれのことなのか?ということが疑問になります
非常に大事なポイントではありますが、深い話で、疑問点をひとつひとつ解説していかないと難しいと思いますので、講座でお話をさせていただこうと思います

一緒に学んでいきましょう!

勉強になったな、と思われた方はFacebookTwitterなどでシェアしていただけると嬉しいです!
続きも聞きたい!と思われた方は、ぜひ、カフェ会にもお越しください!一緒に仏教を学んでいきましょう

【スケジュール】カフェ勉強会・オンライン勉強会

かおり菩薩公式LINEに今すぐ登録!